natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
祝日
 

高血圧症

こんな病気 自覚症状がなく、脳卒中、心不全、腎不全などの合併症がサイレント・キラー(沈黙の殺人者)となって現れる病気です。原因の有無で2種類あります。
種類 本態性高血圧(原因がはっきりしていない):一般的な高血圧症はこれを指します。
ニ次性高血圧(他の病気が原因で起こる)
*日本人の約90%は本態性高血圧で、二次性高血圧症は10%
→上だけ(収縮期血圧)が高い高齢者の高血圧が増加しています。
症状 殆ど自覚症状はありません。(サイレントキラーといわれている理由) 頭痛、めまい、全身倦怠感、耳鳴り、肩こりを伴うこともあります。
原因 本態性高血圧:遺伝的因子、環境的因子(食事、塩分摂取、アルコール、ストレス、加齢、肥満)→最近は遺伝子的因子50%、環境的因子50%と見られています。
ニ次性高血圧:腎臓病やホルモン異常、薬の副作用で起こり、原因が特定出来るものをいいます。
診断 ・世界保険機構(WHO)の基準140/90mmHg以上を高血圧としています。
・軽症から重症まで3段階に分類
・正常の評価も3段階に分け、特に正常高値には注意を促しています。
*家庭で測った値は5mmHgを引いて135/85mmHg未満としています。
 (75歳以上では145/85mmHg未満を目安としています)

高血圧と診断されると、以下の検査で高血圧の原因と高血圧の合併症を調べます。
[胸部X線写真] 心臓の肥大、大動脈硬化度
[心電図] 心臓の肥大、狭心症や心筋梗塞の合併症の有無
[尿検査] たんぱく、糖の有無、腎臓病の有無。
[血液生化学検査] クレアチニン(腎機能)、カリウム(副腎性高血圧、薬の副作用)、コレステロール(動脈硬化)、尿酸(痛風、薬の副作用)
[眼底検査]
[24時間血圧モニター] 将来の合併症の予測や起立性低血圧の診断を行います。薬の効果を24時間にわたって確認します。心血管事故に結びつきやすい、早朝の極端な血圧上昇や夜間の血圧の下げすぎなどを未然に防ぐことができます。
早期発見を怠ると… 動脈硬化症、脳梗塞、脳出血、冠動脈硬化症(狭心症、心筋梗塞)、腎硬化症等の死に直行する病気になる可能性があります。
治療の流れ 合併症の予防が目的です。
140/90mmHg以上の人は、生活習慣の改善を行います。
食事療法や運動療法をきちんと行っていても血圧が正常値まで下がらない場合には、薬物療法に入り、降圧剤を服用します。
生活習慣チェック 1.  食塩制限6g/日(うち調味料としての食塩は4g/日)
2.  適正体重の維持:個人によって異なるが、肥満がある場合は検査値が正常な値を示すところまで減量しましょう。
3.  アルコールを控えましょう。日本酒で男性1合以下、女性1/2合以下が目安です。
4.  コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控えましょう。
5.  有酸素運動(心臓血管疾患のない高血圧患者のみ):ウォーキング(速歩)、ジョギング 、サイクリング、水中運動等を行いましょう。運動の強さは、自分の能力の5割程度、軽く汗ばむ程度がよいとされています。
6.  禁煙しましょう。
7.  ストレスの蓄積や疲労と睡眠不足を解消しましょう。
よく使う薬剤 薬物療法を行う場合でも、食事療法と運動療法を併用して治療を行います。
[利尿薬]
塩分(ナトリウム)を尿とともに排泄させ、血液の量を減少させることにより血圧を下げる薬です。耐糖能の低下、血中の乳酸値の上昇、高脂血症などの代謝面への悪影響、糖尿病の場合は使用できません。
[β-遮断薬]
心拍数を減らし、心拍出量を低下させることにより、血圧を低下させます。徐脈(一分間の心拍数が50未満)や気管支喘息、心不全などが起こることがあります。 *喘息の場合は使用できません。
[α1遮断薬]
収縮している末梢血管を拡張させ血圧を低下させます。起立性低血圧による立ちくらみやめまいを起こすことがあります。
[カルシウム拮抗剤]
細胞内カルシウムイオン濃度を低下させ、血管を広げ、血圧を低下させる。(現在、最も多く使用されている降圧剤です) 頻脈、動悸、顔面紅潮、ほてり感、下肢の浮腫などの副作用が起こることがあります。
[アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)]
強力に血圧を上昇させるホルモンを産生するレニン・アンジオテンシン系の作用をたち切り、血圧を低下させます。服用した患者の10数%に乾咳(からぜき)がみられます。服用を止めれば間もなく消失します。*喘息の場合は使用できません
[アンジオテンシン脅容体拮抗薬]
ACE阻害薬と同様の効果が期待できます。乾咳(からぜき)の副作用を解消。
ご存知ですか? 高血圧の患者数、約1000万人と言われています。(平成26年 厚生労働省)
家庭用血圧計では135/85mmHg以上を高血圧とします。(カフを巻くタイプ)
標準体重と適正体重の考え方は以下の通りです。
一般的には体格指数(BMI = Body Mass Index)22を標準体重と考え、肥満はBMI25以上としている標準体重(22×[身長m]2)kg、肥満は(25×[身長m]2)kg以上。(例)身長165cm:22×1.65×1.65=59.9圈壁現狢僚邸法BMI 25は25×1.65×1.65=68圈/板cmの場合68kg以上が肥満。
【2014年高血圧治療ガイドライン】
75歳未満:診察室血圧140/90未満 家庭血圧135/85未満
75歳以上:診察室血圧150/90未満 家庭血圧145/85未満(目安)
糖尿病患者・慢性腎臓病患者:診察室血圧130/80未満 家庭血圧125/75未満
おすすめ
栄養素/非栄養素
マグネシウム
コエンザイムQ10
アルギニン
ガンマリノレン酸
ビタミンE
EPA
DHA
イチョウ葉エキス

参考資料/引用元:世界保健機構(WHO) 厚生労働省 高血圧治療ガイドライン

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月