natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

動脈硬化

こんな病気 動脈壁が弾力を失って硬くもろくなった状態を動脈硬化といいます。
種類 アテローム(粥状)硬化症:血管内膜に脂質(特にコレステロール)が沈着し、内膜が肥厚します。
細動脈硬化症:細動脈の血管壁に全体的なガラス状の変性が見られ内側が狭窄します。
中膜硬化症:血管の中膜にカルシウム沈着が起こります。
症状 足の痛み、しびれ、重さ、だるさ
腰痛、頭痛、めまい、不眠などがみられます。
原因 人間の体内で動脈硬化が起こる原因は、まだ完全には分かっていません。
アテローム動脈硬化症が進む危険因子は、主に次のようなものがあります。
[疾患として]
高血圧、高脂血症、高コレステロール血症、糖尿病
[生活習慣として]
偏食、暴飲暴食、不規則な食事
運動不足
ストレス、過労
[その他]
加齢、肥満
などがあげられます。
診断 まず触診、血圧測定を行います。
さらに血管(動脈)造影、超音波、CT、MRIなどで詳しく検査します。
検査に異常がなくても定期検診により、早期発見が可能になります。
早期発見を怠ると… 足の動脈が狭くなると壊死をおこすことがあり、足を切断しなくてはならない場合もあります。また、動脈硬化になると狭心症、心筋梗塞、脳血管性痴呆になる可能性が高くなります。
治療の流れ [食事療法]
肥満が見られるなら、エネルギーおよび脂肪制限を行います。
良質たんぱく質を多くとり、食物繊維、野菜、果物も不足しないよう注意します。
[薬物療法]
動脈硬化を根本から治す薬はありません。
血管拡張薬:すでに狭心症、心筋梗塞を合併している場合に用いられます。
その他、抗血小板薬、抗凝血薬などが使用されます。
[外科療法]
主に次の手術が行われます。
バイパス手術:人工血管や自家静脈を利用します。
バルーン療法:バルーン(風船)のついたカテーテル(管)で病変を拡張する。再び狭くならないように、ステント(金属の支え)を挿入します。
[運動療法]
ウォーキングが最適です。目安として脈拍110〜120回/分、距離80〜100m/分で30分くらい歩くのがよいでしょう。
生活習慣チェック 若いうちからの予防が大切です。
禁煙の厳守、足の保温、保護、清潔、
規則正しい食生活と食事療法を守る。水分摂取、アルコールを控える。
などが挙げられます。
よく使う薬剤 血管拡張剤:カルシウム拮抗薬
抗血小板薬:塩酸チクロビジン、アスピリン
抗凝血薬:ワーファリン
などが使われています。
ご存知ですか? ・動脈硬化はすでに10代から始まり、40歳を過ぎる頃に症状が少しずつ現れてきます。
・動脈硬化の治療の主流は今のところ薬物療法とバイパス手術ですが、新しい血管ができるのを 促す遺伝子を注射する遺伝子治療が計画されており、今後実施される可能性があり、治療の選択肢がさらに増えることになります。
[キレーション療法]
キレーション療法とは、エチレンジアミン四酢酸と呼ばれる合成アミノ酸(一般的にはEDTAと呼ばれる)を何度かにわたり静脈に点滴注入する治療法のことです。その対象疾患は動脈硬化症を中心に眼科や皮膚科領域まで幅広くあります。この治療は、EDTAが金属をキレート(ギリシャ語で“はさみとる”)する特性に注目したものです。有害金属をキレート剤が挟み込み、排出します。この治療の最先端を行く米国では50年もの歴史があり、2002年現在米国では年間約80万件のキレーション治療が行われています。キレーション療法は、動脈硬化に起因する心臓疾患に対して有効な治療方法であることが報告されています。2003年4月からは、米国のNIH(国立衛生研究所)が約40億円もの研究費を投じてこの治療の心疾患に対する効果について臨床治験を始めています。
キレート剤には以下のようなものがあります。
Na-EDTA:動脈硬化の改善を目的とした治療に用いられます。血行の改善、動脈の酸化防止、鉛などの有害金属の除去などが総合的に作用して動脈硬化の改善につながります。
Ca-EDTA:鉛やカドミウムのはこちらを使用します。Caの代わりに有害金属が入り込み、排出されます。血管プラーク中の金属などを排出する働きもあります。
おすすめ
栄養素/非栄養素
ポリフェノール、ペクチン、りんご、お茶などが動脈硬化の予防に効果的であると考えられています。
マルチビタミンミネラル
ビタミンC
コエンザイムQ10
ビタミンE
マグネシウム
L-カルニチン
ガンマリノレン酸
EPA
DHA

参考資料/引用元:超高濃度ビタミンC点滴 (水野春芳著)

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月