natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

骨粗しょう症

こんな病気 骨の成分に変化がないまま、新陳代謝のバランスがくずれ、骨吸収が骨形成を上回り、骨量が病的に減少した状態を言います。
[骨の構成]
骨は細胞成分(骨芽細胞・破骨細胞など骨細胞)、骨ミネラル(主にカルシウムとリンからなる結晶)、ミネラルが沈着する基質(コラーゲンなどのたんぱく質)の3つの成分から構成されます。骨粗鬆症の「しょう」は「鬆」と書き、「す」とも読みます。粗は「あらい」という意味で、骨が「す」のはいった大根のようにスカスカになってしまった状態を指します。
<骨粗しょう症の骨>
種類 [原発性骨粗鬆症](明らかな原因疾患が見つからないもの)
骨粗鬆症の90%以上を占め、そのほとんどが中高年者に起こる退行期骨粗鬆症です。男女共に発病するが、女性では閉経後に出現し、男性に比べ発症時期が早いのが特徴です。また重症化しやすく骨折などを引き起こしやすいので、注意が必要です。
[続発性骨粗鬆症] (原因疾患が明らかなもの。原因疾患の治療が必要)
バセドウ病、クッシング症候群、重症糖尿病、関節リウマチ、胃の手術、アルコール多飲、ステロイド剤服用などが原因となり発症する骨粗鬆症です。
症状 腰の痛み、背中の痛み、骨折など。骨折は、背骨(脊椎)、足の付け根(大腿骨頸部)などにおこりやすく、脊椎には圧迫骨折という背骨がつぶれる形の骨折が多く、腰が曲がり、背が低くなる姿勢の原因となります。大腿骨頸部の骨折は転んだ時などにおこりやすいが、腰をひねっただけで骨折する場合もあります。
レントゲン撮影で骨粗鬆症が見られても、症状がない場合もあります。
原因 [性ホルモンの低下 ]
女性では50歳前後の閉経期から、男性では70才前後から性ホルモンが低下します。女性ホルモン、男性ホルモンとも骨の形成を促進し、骨の減少を抑制する作用があり、これらの性ホルモンの低下が退行期骨粗鬆症の発症に関与していると考えられます。
[カルシウム摂取不足]
退行期骨粗鬆症の成因となりやすいです。
[ビタミンD不足]
ビタミンDには腸からのカルシウムの吸収を良くし、腎臓から尿としてカルシウムが体外に失われるのを防止する働きがあります。日光照射不足などでビタミンDが不足します。
[副甲状腺ホルモン、カルシトニンなど骨の代謝を調節するホルモンのアンバランス]
[運動不足]
運動は骨を刺激し骨の形成を刺激します。年と共に運動量が低下すると骨粗鬆症の原因になります。また、骨粗鬆症による骨折のために運動量が低下すれば悪循環に陥ります。
[遺伝]
同じ家系内で発症しやすい傾向にあります。
診断 レントゲン写真、放射線や超音波を利用した骨量の測定などが行われます。
血液検査では明らかな異常を認めないことが多いです。
早期発見を怠ると… 病状が悪化して腰、背中、足の骨折を伴い寝たきりになる可能性があります。
治療の流れ [食事療法]
第一にカルシウムを十分に摂取することです。健康な日本人の成人のカルシウム必要量は600mg/日です。カルシウム600mgは牛乳ビン3本分に相当します。平成25年の国民栄養調査の結果によると全体で504mgしか摂取していないのが現状です。カルシウムが腸から吸収されやすい乳製品、カルシウムを多く含む小魚、ヒジキなどの海藻類を多くとるように心がけましょう。
[運動療法]
運動は骨量を増加させるが、高齢の骨粗鬆症患者は骨折を誘発する可能性もあります。
[薬物療法]
単独または2種類以上の薬物を併用し投与されます。
定期的な検診で自分の骨密度を知っておくことが重要です。
生活習慣チェック 骨粗鬆症は予防が最も重要かつ有効な疾患です。
女性では10代後半から20才ころに骨量が最大になり、以後40才ころまでこれを維持し、その後閉経と共に急速に骨量が低下します。予防の原則は
。隠安紊寮長期に骨量をなるべく多くしておく
△修慮紊旅量の低下をなるべく少なくする
の二点です。カルシウムの十分な摂取、運動、適度な日光照射が有効です。この他アルコール、ニコチンおよびカフェインはカルシウムの吸収を阻害するなどの作用があり骨量を低下させるので、注意が必要です。
よく使う薬剤 [カルシウム製剤] (カルチコール、乳酸カルシウムなど)
[活性型ビタミンD 製剤] (アルファロール、ワンフルファなど)
副作用として高カルシウム血症が起こることがある。
[カルシトニン製剤] 骨代謝の調節ホルモンである。現在は注射製剤しかないが、点鼻薬も開発中である。
[エストロゲン製剤] エストリオール
女性ホルモンの低下は閉経後骨粗鬆症の主要な原因と考えられ、このホルモンの補充は骨粗鬆症に有効だが子宮体癌などの副作用があり注意が必要です。最近では副作用の少ない、貼り薬、女性ホルモン類似薬も開発されているという報告があります。
[ビスフォスフォネート] 骨の破壊を抑制する薬物で欧米では以前から使用されていましたが、1996年よりわが国でも使用できるようになりました。
[ビタミンK製剤] (グラケーなど)
骨形成促進作用と骨吸収抑制作用があります。
ご存知ですか? ・骨粗鬆症は黒人に比し、日本人や白人に多いことが知られています。最近、ビタミンDが作用する受容体の遺伝子の相違が骨粗鬆症になりやすいかどうかを決める遺伝的な因子の一つであることが発見されました。
・ビスフォスフォネートのような破骨細胞の分化を抑制する薬剤の開発や、機能性食品の研究が近年さかんになってきています。
・カルシウムを過剰摂取すると、尿からのカルシウム排出が間に合わず蓄積してしまいます。そうすると動脈硬化や心筋梗塞、カルシウム結石などの原因にもなりかねません。
・カルシウム不足解消にはカルシウムを摂取するだけでなくマグネシウムも不足しないよう注意します。マグネシウムはカルシウムの吸収を高めます。
おすすめ
栄養素/非栄養素
ビタミンD
カルシウム
マンガン
マグネシウム
ビタミンK
マルチビタミン

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月