natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

高コレステロール

こんな病気 血液中のLDL(悪玉)コレステロールが過剰な状態をいいます。
中性脂肪(トリグリセライド)が過剰な状態、血液中のHDL(善玉)コレステロールが少ない状態と合わせて、脂質異常症(高脂血症)と呼ばれています。
種類 コレステロールには、肝臓で作られたコレステロールを体内に運ぶLDLに包まれたLDLコレステロールと、余分なコレステロールを回収して肝臓に運び、再生できるようにするHDLに包まれたHDLコレステロールがあります。
LDLは酸化しやすく、血管内にこびりついて動脈硬化の原因になります。そのため、LDLコレステロールを「悪玉コレステロール」、余分なコレステロールを回収するHDLコレステロールを「善玉コレステロール」と呼んでいます。
原因 コレステロール値上昇の一因に、食生活の欧米化があります。日本人の食生活は魚や野菜中心の和食から、脂質の多い肉中心の食事に変わってきています。肉中心の食生活では食事における脂質の占める割合が大きくなりがちで、高コレステロールの原因となります。
体質など
同じような食事、生活習慣でも、体質により高LDLコレステロール血症になりやすい人となりにくい人がいます。また、女性ホルモンにはHDLコレステロールを上げる作用があり、女性は男性よりも高LDLコレステロール血症になりにくいのですが、閉経を過ぎるとLDLコレステロール値が高くなります。
親族に脂質異常症や動脈硬化症の人がいる場合は、高LDLコレステロール血症になるリスクが高くなります。
ストレス
ストレスも 高コレステロールの原因となります。ストレスが加わると、体内では戦うための準備として、血中に糖や脂肪など分泌され、血糖値やLDLコレステロール、血圧などが上がります。
症状 自覚症状はありませんが、高LDLコレステロールは動脈硬化の原因となり、動脈硬化は脳出血や心筋梗塞などの原因になります。
診断 日本動脈硬化学会ではどのくらいの値まで下げれば いいか、血中コレステロール目標値をリスクによって 4つのカテゴリーに分けられています。
A:心筋梗塞や狭心症といった冠動脈疾患を持っている人は、最もリスクが高いとされ、最も厳しい基準[100mg/dL未満]としています。
B:糖尿病、慢性腎臓病、末梢性動脈疾患などの疾患を持っている人は次に厳しい[120mg/dL未満]としています。また、年齢、性別、血圧、喫煙などからリスクが高いとされた方もここに入ります。
C:年齢、性別、血圧、喫煙などからリスクが中程度とされた人は[140mg/dL未満]としています。
D:年齢、性別、血圧、喫煙などからリスクが低いとされた人は[160mg/dL未満]としています。
早期発見を怠ると… 放置しておくと動脈硬化から、脳梗塞や心筋梗塞を起こすことがあります。血中コレステロールが高い人は早めにケアを行いましょう。
治療の流れ [食事療法]
食事療法の基本は、カロリーを摂り過ぎないようにすることです。バランスよく、1日3食摂りましょう。朝食を摂らないと基礎代謝が下がってしまいます。
高コレステロール血症の人は多くの場合、脂質が多い食事をしています。脂質は控えめに、肉よりも魚を選ぶようにしましょう。炭水化物は食物繊維が多い玄米や雑穀を選び、野菜をたっぷり食べるようにしましょう。
[運動療法]
運動することで、善玉といわれるHDLコレステロールが増え、中性脂肪が減少します。また、筋肉が増えると基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなります。ウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的です。無理なく続けられる運動を行いましょう。
[薬物療法]
食生活を改善して、運動を行っても高LDLコレステロール血症が改善しなかったり、既に狭心症や心筋梗塞にかかっている場合は、HMG−CoA還元 酵素阻害薬(スタチン)と呼ばれる薬を中心にコレステロール値を下げる薬が処方されることがあります。
薬を飲むようになっても、食事療法や運動療法は大切です。薬だけに頼らないようにしましょう。
生活習慣チェック ・バランスの良い食事、適度な運動を心がけましょう。
・酸化した油(時間の経ったポテトチップスなど)は摂らないようにしましょう。酸化した油を摂取すると、体内で酸化LDLが増えて動脈硬化の原因になります。
・大豆製品に含まれるサポニンにはLDLコレステロールや中性脂肪を減らして動脈硬化を予防する働きがあります。積極的に摂りましょう。
・食物繊維はコレステロールを排出する働きがあります。野菜、海藻、キノコ類を積極的に摂りましょう。
よく使う薬剤 LDLコレステロールを下げる薬には以下のようなものがあります。 HMG-CoA還元酵素阻害剤(スタチン系薬剤) 陰イオン交換樹脂 小腸コレステロールトランスポーター阻害剤
おすすめ
栄養素/非栄養素
ビタミンA

ビタミンC
ビタミンE
コエンザイムQ10
マグネシウム
L-カルニチン
ガンマリノレン酸
EPA
DHA
イチョウ葉エキス
クロム

参考資料/引用元:日本動脈硬化学会 食と健康のホントが見える栄養学(古畑公ら著)

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月