natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

歯周病

こんな病気 歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
原因 口の中にはおよそ300〜500種類の細菌が住んでいます。
これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質、これを歯垢(プラーク)を作り出します。
歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病の原因となります。プラーク中の歯周病の原因菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かし、結果的に歯を失う原因となります。
症状 歯と歯肉の境目の清掃が行き届いていないと、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉の辺縁が炎症して赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
診断 思い当たる症状をチェックしてみましょう。 (日本臨床歯周病学会)
□朝起きたとき、口の中がネバネバする。
□歯を磨いた時に出血する。
□口臭が気になる。
□歯肉がかゆくなる。
□歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
□かたい物が噛みにくい。
□歯が長くなったように見える。
□前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。
※上記の項目3つあてはまる
油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
※上記の項目6つあてはまる
歯周病が進行している可能性があります。
※上記の項目全てあてはまる
歯周病の症状がかなり進んでいます。
早期発見を怠ると… 進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。
治療の流れ [基本治療]
まずは基本治療を行います。原因である歯垢、歯石の除去、かみ合わせの調整などです。
ブラッシングとスケーニング(歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除く)により、歯茎の状態が改善されていきます。
[外科治療]
基本治療で改善されない場合や、歯周病の進行が進んでしまった場合には外科的に歯周ポケットの深さを減少させる手術を行います。
歯ぐきを切開して歯根部を露出させ、歯根表面にこびりついた歯石や、歯周病菌で汚染された歯周組織を取り除き、縫合します。
生活習慣チェック 歯周病の一番の予防法はプラークの除去です。食後や、特に就寝前は丁寧に歯磨きを行いましょう。歯ブラシで届かない歯と歯の間は歯間ブラシやデンタルフロスを使いましょう。
健康な歯を維持するため、定期的に歯医者でクリーニングをされるとよいでしょう。
ご存知ですか? 歯周病は様々な病気に関係しています。動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足などの生活習慣が原因とされていましたが、歯周病原因菌などの細菌感染も一因として考えられるようになってきました。また、歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になり易いと言われています。さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化することがわかってきました。歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。
おすすめ
栄養素/非栄養素
ビタミンC
β-カロテン
リコピン
コエンザイムQ10
葉酸
亜鉛

マルチビタミンミネラル

参考資料/引用元:日本臨床歯周病学会

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月