natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

胆石症

こんな病気 胆嚢や胆管に石ができて、痛みを生じさせる病気。
種類 胆嚢結石(コレステロール系結石)と胆管結石(ビリルビン系結石)があります。
原因 [胆嚢結石(コレステロール系結石)]
胆汁中のコレステロールが結晶になったもので、肥満や過食、アンバランスな食生活、ホルモンや薬の作用、ストレスなどの生活習慣が影響しているといわれています。
[胆管結石(ビリルビン系結石)]
胆汁の成分であるビリルビンに細菌などが作用してできたものを言います。低栄養や低たんぱく質状態が長く続くと起こります。
最近では食生活の変化からコレステロール系結石が増えており、日本人の胆石症の70%以上はコレステロール系とされています。中年以降に多く、女性は胆石を持っている人が男性の2倍といわれています。
症状 胆石症の典型的な症状は、上腹部から右わき腹にかけて突然激痛が襲う疝痛発作。痛みが背中に広がることもあります。発作は数分から数十分間隔で波状的です。発熱や黄疸がみられることもあれば、まったく症状の出ないこともあります。
診断 腹部超音波検査で胆のうの状態や結石を直接みます。その他、X線撮影、血液の検査、場合によるとX線断層撮影(CT)などが行われることもあります。
早期発見を怠ると… 胆道に胆石が詰まって、胆汁の流れを閉塞させると、胆汁が十二指腸に流れ出なくなり黄疸がおきます。この場合生化学検査などでビリルビンやALP値の上昇がみられます。
治療の流れ [無症状の胆石の場合]
まずは症状の経過を観察し、飲み薬で胆石を溶かす方法をとります。
[痛みや炎症症状が強い場合]
手術により胆石の入っている胆嚢を摘出する手術が必要になります。お腹を大きく切開する開腹胆嚢摘除術と、内視鏡を用いておなかに4つの小さな穴をあけ、胆嚢をとりだす腹腔鏡下胆嚢滴出術があります。最近では後者が普及しています。病院によっては、腹腔鏡下胆嚢滴出術を日帰りで手術を行っているところもあります。
生活習慣チェック 食べ過ぎ、飲み過ぎを避け規則正しい食事を心がける。栄養のバランスに気をつけコレステロールや脂肪分を控えて食物繊維を充分にとる。ストレスをためず、充分に休養をとる。太り過ぎないように注意する。
よく使う薬剤 [経口胆石溶解剤] ウルソ(ウルソデオキシコール酸)、チノカプセル(ケノデオキシコール酸)
[胆石に伴う痛みを和らげる鎮痙剤] チアトン、ブスコバン
[抗菌薬] タリビット、ケフラール
ご存知ですか? 偶然の超音波検査などで、胆嚢に石が見えるのに本人には全く症状がないという例がよくあります。石の数が少なければそのまま経過をみていくのが現在の考え方です。しかし、後に痛みを感じたり、石の刺激で胆のうの壁が厚くなってきたり、癌が出てきたりという危険もあるため、超音波検査などで定期的に検査観察を続けていく必要があります。
胆石症は発作時に急性胆嚢炎を合併することが多いです。胆石症は男性より女性に多い疾患です。
おすすめ
栄養素/非栄養素
クロム
ナイアシン
ビタミンC
ビタミンE

参考資料/引用元:広島大学

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月