natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
 

眼精疲労

こんな病気 眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます
原因 〔椶良袖
近視、乱視、老眼、ドライアイ、緑内障、白内障、斜視・斜位、眼瞼下垂などがあげられます。ものが見えにくいため、目や首が疲れ、眼精疲労につながります。
△らだの病気
風邪やインフルエンザ、更年期障害、歯周病、目や耳の病気からも眼精疲労になることがあります。
L椶了箸げ瓩や’視環境’の問題
目を使えば使うほど眼精疲労はひどくなってしまいます。パソコンの使い過ぎなどは眼精疲労を引き起こします。
だ鎖静なストレスの影響
ストレスが強くなると、不安感が強まったり、高血圧、血行不良、胃潰瘍など様々な病気を引き起こしますが、その中の日一つに眼精疲労が起こることがあります。
症状 目が疲れる、ぼやける、かすむ、しょぼしょぼする、痛む、充血する、まぶしく感じる、など目の症状のほか、肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気などからだに症状が出る場合もあります。
診断 [視力検査] 裸眼と矯正視力で測定します。
[視野検査] 視野計を使用し、視野の範囲や欠落部を調べます。
[眼底検査] 目に光を当てて、目の奥の血管や網膜に異常がないかを調べます。
[眼圧検査] 空気を当てて、眼球の固さを調べます。
[眼位(目の向き)・眼球運動の検査]
[前眼部検査] 角膜、結膜、虹彩、前房、水晶体などに異常がないか調べます。
[ドライアイ検査] 涙の量や、目の表面が乾燥するまでの時間を調べます。
[調節検査] どこまでピントが合うのか目の調節機能を調べます。
これらの検査で異常がなかった場合は、別の疾患が隠れていないかCTやMRIなどの検査を行い、原因を探っていきます。
早期発見を怠ると… 眼精疲労は仕事や環境が変化しない限り、自然には治りません。放置するとさらに状態が悪化することがあります。また、他の病気が原因の可能性もあるため、早めに診察を受けましょう。
治療の流れ (1)メガネ、コンタクトレンズの度数の調整
メガネやコンタクトレンズで視力の矯正が正しくできていないと、目が疲れを感じます。特に度が強い場合は疲労を感じやすいので、適切な度数に調整する必要があります。
(2)ドライアイ治療
点眼療法を中心に治療を進めます。ドライアイは目の乾燥により角膜に細かい傷が出来ていることがあるので、防腐剤の入っていない点眼液が処方されます。
(3)調節賦活剤の点眼
ピント調節を助ける目薬を使用します。ただし、防腐剤入りの目薬は、目に刺激を与えてしまうこともあります。
(4)温罨法(おんあんほう)・冷罨法(れいあんほう)
目を温めたり冷やしたりを交互に行い、血行を促進する治療法です。自宅でも簡単に行えますが、目に炎症がある場合や花粉症の方は、温罨法は避けましょう。
その他、加湿器で目の乾燥を防ぐ、目の周りやこめかみをマッサージして血行を良くする、パソコン使用時にはこまめに休憩するなどがあります。日頃から目をいたわるようにしましょう。
生活習慣チェック 作業時の照明の明るさ、姿勢をチェックしてみましょう。パソコン作業ではこまめに休憩をとって目を休め、軽い体操をするとよいでしょう。
室内が乾燥しているとドライアイを引き起こします。たばこの煙も眼精疲労の一因に挙げられます。
睡眠を十分にとりましょう。
趣味やスポーツなどでストレスを発散しましょう。
よく使う薬剤 [点眼薬]
眼の酷使が原因の場合はピント調整を助けるたり、目の緊張をほぐす点眼薬を使用します。ドライアイでは人口涙液を使用します。
[内服薬]
眼の周りの筋肉の異常が原因の場合には、血管を拡張して血流を改善する内服薬を使用します。ストレスが原因の場合は安定剤を使用することもあります。
おすすめ
栄養素/非栄養素
ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
亜鉛

βカロテン
セレン
マンガン
ビルベリー
イチョウ葉エキス
フランス海岸松樹皮エキス
ルチン
ヘスペリジン
ブドウ種子エキス
ルテイン
リコピン
ゼアキサンチン
マグネシウム
EPA
DHA
α-リノレン酸
マルチビタミンミネラル

参考資料/引用元:眼精疲労 目と健康シリーズ

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月