natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

アレルギー

こんな病気 過剰な免疫反応により、異物でないものに対しても反応してしまい、くしゃみや鼻水、かゆみ、咳などの症状が現れます。
種類 反応の機序から以下の4種に分けられます。
儀拭即時型、アナフィラキシー型とも呼ばれる。
況拭Ш挧障害型、細胞融解型とも呼ばれる。
祁拭免疫複合体型、Arthus型とも呼ばれる。
厳拭遅延型アレルギー、細胞性免疫、ツベルクリン型とも呼ばれる。
原因 儀拭Д魯Ε好瀬好函▲瀬法花粉、真菌、食物などが抗原となります。目や鼻から侵入した抗原がIgE抗体に結合するとマスト細胞などからヒスタミンなどの化学伝達物質が遊離し、各組織にアレルギー反応が出現します。
況拭Ъ分の細胞が抗原として認識されてしまいます。IgM、IgGなどが生産され、自分の細胞が攻撃されてしまいます。
赤血球、白血球、血小板、リンパ球などが標的細胞となり、溶血性貧血などが起こります。
祁拭Ч蓋供抗体(IgGまたはIgM)・補体などが結合した免疫複合体が血流に乗った先で組織を傷害します。
厳拭О椰∩反ナ辧∈拔檗⊃振櫃覆匹抗原となります。T細胞が異物を認識し、マクロファージを活性化することで炎症を起こします。
症状 儀拭Д魯Ε好瀬好函▲瀬法花粉、真菌、食物などが抗原となります。目や鼻から侵入した抗原がIgE抗体に結合するとマスト細胞などからヒスタミンなどの化学伝達物質が遊離し、各組織にアレルギー反応が出現します。
況拭Ъ分の細胞が抗原として認識されてしまいます。IgM、IgGなどが生産され、自分の細胞が攻撃されてしまいます。
赤血球、白血球、血小板、リンパ球などが標的細胞となり、溶血性貧血などが起こります。
祁拭Ч蓋供抗体(IgGまたはIgM)・補体などが結合した免疫複合体が血流に乗った先で組織を傷害します。
厳拭О椰∩反ナ辧∈拔檗⊃振櫃覆匹抗原となります。T細胞が異物を認識し、マクロファージを活性化することで炎症を起こします。
診断 アレルギー疾患の原因アレルゲンを特定するためには、以下の診断を行います。
〔篆如Л儀織▲譽襯ーの場合、アレルゲンと接触後短時間で発症するため、アレルギー発症の前の環境、接触した物質、摂取食品について詳細に問診することで原因を推定します。
皮膚テスト:IgE抗体の存在を知るためのテストです。儀織▲譽襯ーでは抗原滴下あるいは注射後15分から30分で発赤と膨疹の反応が見られます。
7戝羚蓋尭丹枦IgE抗体価測定:IgEの量を調べることでアレルギーの有無や程度を数値化して示します。IgEは個々のアレルゲンに対して無数に存在するため、例えばスギに対するIgEを調べてそれが高ければスギに対してアレルギーがあると説明します。
に梢血白血球ヒスタミン遊離テスト:in vitroで検索する方法です。
ド蕾挈業テスト(経口負荷、吸入負荷など):アレルゲン特定の最終手段ですが、患者さんにとっては実際に症状を誘発させる検査であり、負担がかかります。
Υ超アレルゲン測定:スギ花粉量の測定や、室内塵中のダニアレルゲン量の測定し、原因アレルゲンの推定を行います。
治療の流れ アレルゲンとの接触を極力避けましょう。掃除や寝具の管理に気を配り、禁煙しましょう。
食物アレルギーの場合、治療の基本は原因である食物を避けることです。乳幼児の場合には、成長につれて消化管機能も成熟し、免疫系のバランスも良くなってくるので、自然にアレルギーが消失して食べられるようになることもよくあります。小児科のアレルギー専門医に相談しましょう。
鼻水や目のかゆみには抗ヒスタミン剤による薬物治療を行うこともあります。
生活習慣チェック 一般論として、アレルギー症状は患者さんの状態が不安定な時に出やすい傾向があります。疲れている時や、睡眠不足、風邪をひいたときなどは要注意です。
適切な食生活や皮膚のケアをおこなうことで、粘膜のバリアを正常に保つことも重要です。ビタミン類を摂取し、粘膜のバリア機能を保ちましょう。
腸内環境を整えましょう。不適当な食事、ストレス、遺伝体質、感染と炎症、化学製品、薬、環境汚染物質、毒素等々により、腸管免疫が正常に機能しなくなると、花粉等のアレルギー物質に対する防御機能が破綻し、様々なトラブルが生じます。
よく使う薬剤 メディエーター遊離抑制薬、抗ヒスタミン薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬
おすすめ
栄養素/非栄養素
マルチビタミンミネラル
EPA
DHA
α-リノレン酸
ガンマリノレン酸
ビタミンC
ビタミンB6
ビタミンD
亜鉛

参考資料/引用元:アレルギー総論

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月