natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

PMS(月経前症候群)

こんな病気 月経開始の3〜10日くらい前から始まる精神的・身体的症状で、月経開始とともに症状は消失します。
原因 .廛蹈殴好謄蹈(黄体ホルモン):排卵〜生理前に分泌されるプロゲステロンというホルモンによって、体調が不安定になるといわれています。 脳内物質の低下:排卵後、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減ることにより、セロトニンが急激に低下し、ネガティブな気持ちを引き起こすといわれてます。 ビタミン・ミネラルの欠乏:PMSの人は、ビタミン・ミネラルの欠乏状態にあるといわれています。
症状 [身体的症状] 下腹痛・頭痛・腰痛・乳房痛・にきび・食欲不振・過食・便秘・倦怠感・めまい・肩こり・むくみ・おなかの張り・乳房の張り・動悸・口渇・吐き気など [精神的症状] イライラ・怒りっぽい・攻撃的になる・感情を制御できない・パニック・不安感・疲労感・無気力・憂うつ・集中力の低下・判断力の低下など
診断 PMSは医師による問診で診断します。 問診では、「過去3ヵ月以上連続してPMS特有の症状のうち1つ以上があるか」「月経前のどのく らいの時期に症状があるか」などを質問されます。症状を記録しておくと診断に役立ちます。
治療の流れ [カウンセリング]
・症状日記をつけて疾患の理解と頻度、発症時期、重症度の位置づけを認識させる認知療法です。
[生活指導]
・規則正しい生活・適切な睡眠など、健康的なライフスタイルを心がけましょう
・定期的な運動をしましょう
・ストレス発散法を見つけましょう
・禁煙しましょう
・食事の面では、コーヒーや糖質、アルコール類の減量などを心がけ、野菜や果物を積極的に摂取するようにしましょう ・症状が軽い場合には、サプリメントやハーブなども効果的です
[薬物治療]
・比較的軽症で自覚があり社会生活への影響が軽ければ、対症療法と して、EP配合剤などのホルモン剤、鎮痛剤、安定剤、漢方薬などで対応します。
・中等症以上の場合、SSRI(セロトニン選択的取り込み阻害剤)などの軽い抗うつ剤が処方されることもあります。
生活習慣チェック ・バランスの良い食事を心がけましょう。月経前に甘いものが食べたくなる場合がありますが、甘いものの食べ過ぎは血糖値の急上昇・急降下につながり、低血糖は倦怠感や憂鬱感をもたらします。カフェインはイライラや緊張感を高めたり、下腹痛や乳房痛の原因になるため、摂りすぎにないようにしましょう。
・マグネシウムやカルシウムなどには神経を落ち着かせる作用があります。ビタミンB6、ビタミンEには女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。
・リラックス法を見つけましょう。ストレスはPMSの大敵です。スポーツ、半身浴、アロマテラピーなど、自分に合ったものを見つけましょう。
よく使う薬剤 [鎮痛剤] ロキソニン、ボルダレン、カロナールなど
[抗不安薬] デパス、リーゼ、ソラナックス、でプロメール、パキシルなど
[漢方薬] 加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当期芍薬散など
[低用量ピル]
おすすめ
栄養素/非栄養素
マルチビタミンミネラル
マグネシウム
カルシウム
ビタミンB6
ビタミンE
チェストツリー
ブラックコホシュ
パッションフラワー
西洋タンポポ
マリアアザミ
レモンバーム
ネトル

参考資料/引用元:日本産科婦人科学会

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月