natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
祝日
 

風邪

こんな病気 医学的には「風邪症候群」といい、上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称のことをいいます。ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こります。
種類 風邪を起こすウイルスにはラノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどがあります。インフルエンザを起こすインフルエンザウイルスはこれらと異なり、症状の重さも異なるので、風邪とインフルエンザは別の病気と考えておいた方がよいでしょう。
原因 鼻やのどが原因ウイルスに感染することによって起こります。
風邪ウイルスの数は200種類以上といわれており、どのウイルスが原因で起こったのかを特定することは困難です。さらに同じウイルスでもいくつもの型があり、年々変異するため、一度感染したウイルスに免疫ができても、次々に新しいウイルスに感染して繰り返し風邪をひいてしまいます。
症状 風邪の一般的な初期症状は、まず鼻やのどの不快感などの呼吸器症状から始まります。鼻の粘膜で炎症が起きると、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が現れ、のどの粘膜で炎症が起きると、せきやたん、のどの痛みの症状が現れます。
さらに症状が進むと、発熱や寒気、頭痛、筋肉痛、関節痛などの全身症状が出ることもあります。症状は個人の体力や体調などによってさまざまです。
診断 通常の風邪は数日で症状が治まることが多いので、安静にして様子を見ましょう。下記に当てはまる場合は医療機関での受診をおすすめします。
・39度を超える発熱(急激に38度を超える場合も)
・黄色や緑色の鼻汁、たん(細菌による二次感染が疑われるため)
・ひどい、あるいは長く続く咳・たん(他の呼吸器疾患などが疑われるため)
・ぜんそくなどの慢性呼吸器疾患、糖尿病、心疾患などの基礎疾患を持っている人(重症化しやすいため)
早期治療を怠ると・・・ こじらせると気管支炎や肺炎を招くことがあります。正しい養生と早めの手当が肝心です。
治療の流れ 風邪を引いてしまったら、無理せずゆっくり身体を休めましょう。症状に合った風邪薬を服用し、栄養バランスの取れた消化の良い食事を摂りましょう。熱が高いときは脱水症状を起こしやすくなるので、こまめに水分を補給するようにしましょう。また、部屋を温かくし、加湿器や濡れタオルなどで乾燥を防ぎましょう。周りの人にうつさないためにも外出時はマスクを装着し、できるだけ人ごみを避けるよう心がけましょう。
生活習慣チェック 風邪予防のためには
・夜更かしなどを避け、規則正しい生活を心がけましょう。
・栄養バランスの取れた食事を摂りましょう。
・外から帰ったら、必ずうがいや手洗いをしましょう。
・人ごみや外では予防のためにマスクをつけましょう。
・空調や加湿器などで、適切な温度と湿度を保つようにしましょう。
よく使う薬剤 風邪薬に含まれる主な成分
イブプロフェン・サリチルアミド:発熱、頭痛などの痛み、のどの腫れなどの炎症の原因となる物質の生成を抑え効果を発揮。
アセトアミノフェン:発熱、頭痛などの痛みに効果を発揮。
クロルフェニラミンマレイン酸塩・ジフェンヒドラミン塩酸塩:くしゃみ・鼻水などの原因となるヒスタミンを抑え 効果を発揮。
ヨウ化イソプロパミド・ベラドンナ総アルカロイド:鼻水の原因となる神経に作用し鼻水に効果を発揮。
ジヒドロコデインリン酸塩:咳を出す咳中枢に作用し、咳に効果を発揮。
メチルエフェドリン塩酸塩:気管支を拡張し、咳に効果を発揮。
アンブロキソール塩酸塩:気道のすべりを良くすることで、たんの排出を促進。 たんを取り除いて、つらい咳に効果を発揮。
ご存知ですか? 風邪の原因となるウイルスに直接効く薬は現在市販されている一般用医薬品の中にはありません。風邪薬は、熱や頭痛、くしゃみ、鼻水、咳などの症状を和らげ、その間に体がウイルスと戦うのを助けるために使います。
おすすめ
栄養素/非栄養素
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
エキナセア

参考資料/引用元:東京都健康安全研究センター 医療法人社団医新会

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月