natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
祝日
 

冷え性

こんな病気 血行不良によって、体の末端部分がほかの部分に比べて極端に冷たくなる症状をいいます。
原因 ・自律神経の乱れ:人間の体は、寒いときは血管を収縮させて体温が逃げるのを防ぎ、暑いときは血管を拡張させて体温を発散させます。このような体温調整機能を司っているのが自律神経ですが、この働きが乱れると必要以上に血管を縮めてしまい、血行が悪くなってしまいます。ストレスや生活リズムの乱れは自律神経の乱れの原因となります。
・食生活の乱れ:冷たい飲み物や甘いものの摂りすぎは体を冷やし、血液をドロドロにして血流を悪くする原因になります。
・喫煙:喫煙は急激に血管を収縮させて血流を悪くするとともに、基礎代謝も低下させ、冷えに結びつきます。
・運動不足:身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くする原因となります。また、筋肉量が少ないと体内で熱を生産することが出来ず、うまく体を温められません。
冷え症は女性に多いといわれていますが、男性に比べて女性は筋肉量が少ないことが関係していると考えられます。さら女性は脂肪が多く、脂肪は一度冷えると温まりにくい性質を持っているため、これも冷えの一因です。タイトな下着や衣服も血流を悪くし、冷え性の原因となります。ダイエットによる栄養の偏り、鉄欠乏性貧血、低血圧も要因としてあげられます。
症状 血管の少ない手、足、腰が特に冷えやすいです。西洋医学では病気として扱われませんが、ひどくなると頭痛、めまい、便秘、関節痛、手足が冷たいことによる不眠に悩まされることもあります。
診断 下記のような自覚症状がある場合、冷え性の可能性があります。
・寒いわけでもないのに手足が冷たい。
・布団に入っても手足が冷たくて眠れない。
・お風呂に入ってもすぐに手足が冷えてしまう。
・便秘や下痢になりやすい。
・むくみやすい。
早期治療を怠ると・・・ 「冷えは万病のもと」といわれ、放置しておくと頭痛や肩こり、月経不順、不妊症といったトラブルの原因になります。早めに対処しましょう。
治療の流れ 薬物治療であれば、西洋薬ではビタミンE投与で血行改善、東洋医学では漢方薬を使用します。
生活習慣チェック ・シャワーではなく、お風呂につかって体を温めるのが冷え性改善には効果的です。38〜40℃くらいのぬるめのお湯に入浴しましょう。
・適度な運動を行いましょう。運動は新陳代謝を促進し、血流を良くします。軽いウォーキングなど、毎日続けられるものがよいでしょう。毎日の生活の中で少し歩く量を増やしたり、合間に簡単なストレッチをするだけでも十分です。
・身体を温める食べ物を摂りましょう。食べ物には身体を温める「陽性」の食べ物、身体を冷やす「陰性」、どちらにも属さない「中性」があります。
◎陽性の食べ物:生姜、ネギ、にんにく、ごぼうなどの根菜類。寒い土地で採れる野菜。胡麻、黒豆、あずきなどの黒い物。
◎陰性の食べ物:トマトやきゅうりなど暑い土地で採れる野菜。土から上に実がなるもの。生で食べられる野菜。砂糖や合成甘味料などの白い物、水っぽいもの、バターやマーガリンなどの柔らかい物。スナック菓子、チョコレートなど。
◎中性の食べ物:玄米、麦など。これらは冷やすことも温めることもしません。
しかし、冷え性だからと言って、陽性の食べ物だけを食べれば良いというわけではありません。バランスの良い食事を心がけましょう。陰性の食べ物を摂る場合には、生で食べるよりスープやみそ汁に入れるなど、加熱して食べるとよいでしょう。
・朝に白湯を飲むと、寝ている間に失われた水分の補給に加え、冷えた体が温まります。
・指先のマッサージを行うことで全身の血流がよくなり、肩こりや疲れの解消になります。
ご存知ですか? 冷えは男性にもあります。男性も加齢による筋肉量の低下、臓器機能の衰えなどによって熱を発することが出来なくなり、冷えを感じます。体を温めると肩こりや腰痛などが楽になるような場合は、冷え性である可能性があります。
おすすめ
栄養素/非栄養素
ビタミンE
L-カルニチン
コエンザイムQ10
イチョウ葉

参考資料/引用元:栄養の基本がわかる図解辞典(中村丁次著)

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月