natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
 

慢性疲労

こんな病気 長期(6ヶ月以上)にわたって日常生活に支障をきたすほどの激しい疲労感が続き、だるい、眠い、思考力低下などの症状が表れることを慢性疲労症候群といいます。診察を受けても異常が見つからず、怠け者と誤解されることも多いようです。
原因 古くからこのような状態があることは知られていましたが、慢性疲労症候群という名前で広く知られるようになったのは、アメリカの疾病管理センターが、1988年にこの病気の診断基準を発表してからです。原因などについては、いまだに不明な点も多いのですが、ウイルス感染、免疫の異常、内分泌(ホルモン)代謝の異常、精神科的疾患など、多くの因子が関与していると考えられます。
症状 よく見られる症状として、以下のものがあります。
・記憶力、集中力の低下
・筋肉痛
・関節痛
・睡眠障害
・頭痛
・低血圧
・胃腸が過敏
・のどの痛みや微熱などの風邪様症状
・温度変化についていけない
診断 診断基準の基本は、腎臓病、肝臓病、貧血症などの「疲れ・だるさ」の原因となるような病気がないのに「疲労」が6か月以上続くことです。
早期治療を怠ると・・・ 治療法も確立しておらず、激しい疲労のために社会生活や仕事が十分にできず、またこの病気に対する他人の理解も得られないことが多いために、著しい生活の質の低下を招くことが問題となっています。思い当たる人はかかりつけ医師に相談してください。
治療の流れ 現時点では慢性疲労症候群の治療は、決定的な治療薬があるわけではありません。実際は抗ウイルス剤、免疫調整剤、向精神薬、漢方薬を用いた治療が行なわれることが多いです。
また、今後「抗酸化治療」「抗炎症治療」が有効であることが示される可能性があります。抗酸化作用をもつビタミンCやコエンザイムQ10などのサプリメントを使用して、体内の炎症性物質による細胞の障害を防ぐ治療が有効であるという報告も見られます。
生活習慣チェック 慢性疲労でお悩みの方は、生活習慣が不規則だったり、食生活の乱れ、運動不足が関係していると考えられます。
生活のリズムが乱れることは、ホルモンや自律神経の乱れになります。夜勤の仕事が多い方は、当然ながら体調が優れない方が多いです。
"糖分の摂り過ぎは、血糖値を急激に上昇・下降させるので低血糖症の原因となります。またミネラル・ビタミン不足を引き起こすことも広く知られており、免疫力の低下 、肌荒れ 、肥満、そして、イライラや倦怠感、自律神経失調症の原因になるとも言われています。
精神的ストレスは自律神経の乱れにつながります。解消法を見つけましょう。
よく使う薬剤 現在は、特効薬といえる治療方法や新薬はまだ開発されていませんが、下記のような既存の薬を用いた治療を行います。
[うつ病向けの薬]
慢性疲労症候群が長引くことで、精神的な疾患が表れることがあります。そういったうつ病のような症状には、抗不安薬・抗うつ剤・精神安定剤・感情調整薬などの投薬が有効になることがあります。
[漢方薬]
体の免疫力を高める漢方薬を用いた治療も行われています。以下の漢方薬が慢性疲労症候群に有効であると言われています。
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう) ・十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
サプリメントによる栄養療法も行われます。特にビタミンB群やビタミンCは疲労回復に有効な栄養素です。
おすすめ
栄養素/非栄養素
ビタミンB群
ビタミンC
コエンザイムQ10
L-カルニチン
マルチビタミンミネラル

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月