natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ
natumedica(ナチュメディカ)トップページ

お役立ちツール

2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
祝日
 

二日酔い

こんな病気 お酒を飲みすぎた翌日に起こる、吐き気や胸やけ、頭痛などの不快な症状が「二日酔い」です。二日酔いは、アルコールが分解されてできた「アセトアルデヒド」という物質が、肝臓で十分に処理されないことで起こります。
原因 アルコールは肝臓で代謝されます。肝臓に入るとまず、酵素などの働きで、アセトアルデヒドという物質に分解され、さらにアセテート(酢酸)に分解されます。アセテート(酢酸)は血液にのって全身を回りながら、筋肉や脂肪組織で水と二酸化炭素に分解され、吐く息や汗、尿としてからだの外に排出されます。
アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質は、タバコの煙などにも含まれる有害物質です。このアセトアルデヒドには、吐き気や動悸、頭痛などを引き起こす働きがあります。短期間で多量のアルコールを飲むと処理が追いつかず、血中アセトアルデヒド濃度が上昇し、二日酔いの原因となります。
症状 胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛など
診断 アルコールによって胃の粘膜が荒れ、ひどくなると急性胃炎や胃潰瘍を起こすこともあります。吐き気や胃痛、おう吐など胃の症状がひどく、なかなか治まらない場合は受診しましょう。吐血やタール便がみられる場合は、胃や食道、十二指腸などから出血している可能性もあります。
水分補給や睡眠・休息によって少しずつ症状が改善されるようなら、セルフケアで様子を見ましょう。
治療の流れ アルコールの摂取により、体は脱水状態です。まずは水分補給を行いましょう。体内のアルコール成分を尿として早く体の外に出すためにも有効です。水よりも体内に吸収されやすいスポーツ飲料を飲んでもいいでしょう。
しじみやあさりの味噌汁もおすすめです。しじみにはオルニチン、あさりにはタウリンが含まれ、肝臓の働きを助けてくれます。
グレープフルーツジュースやはちみつに含まれるフルクトースはアセトアルデヒドの分解を促進すると言われています。
トマトに含まれるブドウ糖、アラニン、グルタミンはアルコールの分解を促進すると言われており、トマトジュースも効果的です。
生活習慣チェック 一般的な目安として、体重60〜70kgの人で、ビール中びん1本(500ml)分のアルコールを分解するのに、約4時間かかるといわれていますが、アルコールが分解されるスピードは人それぞれです。適量をゆっくり飲みましょう。
空腹時には、食後の3分の1の時間でアルコールが吸収され、肝臓に運ばれます。飲む際にはおつまみを食べながらゆっくり飲みましょう。
アルコール処理能力は健康状態などによっても変わってきます。体調が悪かったり、たくさん飲む日が続くと、肝臓が疲れ、処理能力が低下します。
よく使う薬剤 胃酸分泌抑制剤(H2ブロッカーなど)、胃粘膜保護剤、鎮痛鎮痙剤、健胃剤、消化機能調整剤、消化酵素剤など
ご存知ですか? お酒に強いかどうかはアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素の一つALDH2の働きに左右されます。遺伝的にALDH2が欠けていたり、働きが弱い人はお酒に弱いのですが、日本人の約半数がこのタイプです。ALDH2の欠損は黄色人種特有のものです。
おすすめ
栄養素/非栄養素
ミルクシスル(マリアアザミ)
ビタミンB群

参考資料/引用元:栄養の基本がわかる図解辞典(中村丁次著)

記事作成:<ナチュメディカ商品G> 管理栄養士:長島 美由紀  商品担当:中村 彩

2017年3月